~   Twitter / rep_sent (via maybowjing2)
~   Twitter / mintia512: さっき駅のトイレに入ってたら ノックされて 「雪だるまつく … (via otsune)
(黒いペンだけで野生動物を繊細に表現、圧倒的才能に恵まれた11歳の少年の描く線画世界(セルビア) : カラパイアから)
05.05.14 /02:03
~   

山中俊治 Shunji Yamanaka /twitter

(via natu-rou)

~   電網辻々噺: 相談 (via mcsgsym)
~   NYで流行ってるらしい「Normcore」(究極の普通)とはなんぞ - Pebbles (via ninonbooks)

f-labo:

image

Read More

小学校からよく言われてきたように、デスクワークは50分やって10分休むのが基本だぞ。休憩はな、とにかく椅子から離れろ。ネットサーフィンとか人生なめてる愚の骨頂。

~   長時間デスクワークに集中できる身体の作り方 (via goonew)
~   非生産的な人が陥る8つの習慣 - IBTimes(アイビータイムズ) (via hgsmshd) (via uessai-text) (via tfujiki) (via quote-over100notes-jp) (via f-sugar) (via oo-long-tea) (via harunya) (via himmelkei) (via huzitaka) (via imizikumo) (via delan) (via takeori, masaotmblr) (via mizushike) (via rarihoma) (via radlon) (via an-k) (via okatyo54) (via ibi-s) (via darylfranz) (via ttttttext) (via plasticdreams) (via youarenojesus) (via konishiroku) (via allgreendays) (via yellowblog) (via itemsdesign)

日本には、どうやら「OJT信仰」というものがあるようです。「手放しのOJT礼賛」といってもいいかもしれません。

 OJTの「よいところ」ばかりが注目され、「結局、経験なんだよ、経験」といった具合に、ある種の「経験主義」「現場主義」と絡み合いながら、その学習効果が「ロマンティシズム」をもって語られる。

 その反面、OJTの悪いところ、制約、脆弱性、そして成立条件などのシビアな側面が、あまり着目されないのです。

・・・

  ▼
 
 OJTの脆弱性として、まず第一にあげられるのは、OJTの学習効果は「師」に依存する、ということです。
 OJTは「師 - 部下間」において行われるため、外部から第三者が介入を行うことは難しいといわざるをえません。

 師の思うところによって、そして、師の考えにしたがって、教育が行われます。その学習効果、教育のクオリティは、「師のあり方」に大きく依存します。

 そして、部下は多くの場合、師を選ぶことはできません。そこに選択可能性はないのです。

「うーん、うちの上司のアドバイス、全くイケてないんで、替えてくれません?」

 とは、死んでも言えるわけありません(笑)。

 部下にとって、OJTを通して学ぶことができるかどうかは、もちろん本人の努力、やる気の問題もありますが、はっきりいって「運」です。誰に当たるかによって、その学習効果は大きく異なります。

  ▼

 OJTの脆弱性の第二のポイントは、「師の能力を超えることは、学べない」ということです。もっと具体的にいうと「師のわからないこと」「師の知らないこと」は、OJTにおいて学ぶことはできません。

 OJTとは、「師の知識・経験がなかなか色褪せてしまわないような安定的な領域」に向いている教育のあり方です。
 師や部下の存立している場所が、「不確実性の高い領域」であったりする場合 - すなわち、上司にとっても「わからないこと」「知らないこと」が生まれやすい知識流動性の高い場所においては、OJTはあまり向いていません(そういう場所では、上司と部下がともに考えるという協調的な学習が必要です)。

  ▼

 OJTの第三の脆弱性は、多くの場合、学習の起こるタイミングが「偶然」に依存する、ということです。

 部下が何かのミスをする。そうした「偶発的な教育的瞬間」に、上司と部下がともに居合わせ、さらには上司が適切なフィードバックを行ったときに、OJTが奏功します。

 ということは、OJTが奏功するための条件としては、「上司と部下がともにいる時間が長い」ということになります。

 伝統工芸の師弟関係を見ればわかるように、ともすれば生活時間をもともにするような「長時間」の人間関係が、OJTの奏功する条件です。

 さらには上司が「模倣威光を放っている、ロールモデル」として機能すると、なおよいと思います。上司が「いつかはあんな風になりたい」と思える存在であることが、長期間に及ぶ、偶発的な学習のモティベーションとして機能します。

  ▼

 そして、第四のポイント、OJTの最大の脆弱性は、OJTはともすれば「単なる労働」に変わり果てる、ということです。本来OJTは、「Learningful work(学びに満ちた仕事)」であるはずなのに、いつのまにか「Learningless job(学びもクソもへったくりもない、単なる労働)」になってしまう、ということです。
 意図せず、意識せず、それは進行します。特に、「職場の多忙感が高い場合」や、「業績へのプレッシャーが高い場合」、また「OJTに対する上司の理解や認識がナノレベルである場合」に、起こる可能性が高くなります。

 最悪の場合、職場には「OJTという名の”単純労働”」「OJTという名の”下請け労働”」が、横行します。部下が、「上司の尻ぬぐい」をするというかたちになるのです。

~   NAKAHARA-LAB.NET 東京大学 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する: 「OJT信仰・手放しのOJT礼賛」を超えて : OJTの脆弱性・成立条件を考える (via yellowblog)

カウフマン氏が独自に調査したところ、
新しいスキルをゼロからある程度まで学習するのにかかる時間は
「20時間」

だということがわかりました。

しかしながら、
20時間で新しいスキルを習得するには
ちょっとした4つのコツがある
とのことです。

■1:習得したいスキルを分解
スキルはさまざまな要素の集合体。
 その集合体を分解することが、スキルを習得するために必要であり、
 また、重要な基礎の部分を明確にします。
 基礎を明確にしたら、重要であるものから先に練習することで、
 以降の学習スピードを向上させることができます。


 (管理人)
  人を描くという内容であれば
  ・体の比率の知識
  ・骨格・筋肉の構造
  ・デッサンや模写
  ・パース 煽り フカン

■2:自己修正できるレベルまで学習する
学習しながら、自分でミスを訂正できるようになれば、
 さらに学習効率が上がっていきます。

 (管理人)
  自分の描いた絵を見て何処が悪いかを判断でき修正するなど

■3:邪魔になる物の排除
テレビやパソコンなど学習の妨げになるものは、
 できるだけ排除して勉強に集中することが大事。

■4:少なくとも20時間は練習する
「自分には無理かもしれない」などの先入観を捨てて
 20時間は少なくとも練習すること。

 20時間後には、
 勉強を始める前にもっていた先入観を打ち破るほどの自信を持て、
 その後に勉強を続けられる要因にもなります。

 新しいスキルのために1日30分を費やしても、40日間しかかかりません。

最後にカウフマン氏は

学習の妨げになっているのは、
知性や間違った勉強方法などではなく、
新しいことを勉強することへの恐怖からくる感情なのです。

だからまずは20時間、
あなたが学びたい事、言語でも料理でも何でもいいので
勉強してみてください
とプレゼンテーションを締めくくりました。

【より詳しくは元記事を見てください】
http://gigazine.net/news/20131028-4-steps-to-learn-new-skills-in-20hs/

~   仕事が忙しい人でも 新しく絵を描くスキルを身につけるための4つのコツ|萌えイラスト上達法! お絵かき初心者の学習部屋 (via dokuroou)
02.03.14 /20:10/ 3946
~   ほぼ日刊イトイ新聞 -帰ってきた松本人志まじ頭。 (via amiamic)
narutosexmagic666:

i can’t deal with this fucking picture i have been laughing for 20 minutes bye
01.19.14 /21:52/ 318843
caterville:

Kittens are the Best Medicine
01.19.14 /21:48/ 2687
Canvas  by  andbamnan